麻婆豆腐

先日、連泊のお客様が宿泊されていた際、夕食に麻婆豆腐を作りました。炊き合わせの代わりです。連泊のお客様の場合は飽きないよう、和食以外のメニューを入れ込む場合も多々ございます。
この麻婆豆腐は豆豉や豆板醤、甜麺醤を等を入れて作った本格的なものです。四川料理で有名な麻婆豆腐と違うところと言えば、にんにくだけではなく生姜を加える点と、鰹と昆布の出し汁を使用する点です。日本料理屋だから中華の出し汁は普段作らないので顆粒だしを使って・・というのは、お客様に料理を提供する立場からですと絶対に出来ないと思っているので、鰹と昆布の出し汁を使っています。花椒ですと舌が痺れるような辛さで好みがあるかと思いますので、和食で使う山椒をかけたりもします。私は唐辛子がよく効かせて花椒もたっぷりかかったものが好みです。
幼少の頃は「麻婆豆腐の素」で作ったものを食べていた時期がありましたが、初めてちゃんとした麻婆豆腐を食べたときの衝撃たるや・・その時以来、我が家ではずっとこの麻婆豆腐です。