鶏手羽と厚揚げのピリ辛煮込み

鱗楼では毎日同じお客様が宿泊する事は殆どありませんが、日々献立は変わります。今日は歩き遍路のお客様が3名様いらっしゃいましたので、甘辛く御飯やビールがすすむ献立を1品作る事にしました。それが写真の「鶏手羽先と厚揚げのピリ辛煮込み」です。四川料理の「家常豆腐」のアレンジで、豚肉の代わりに鶏肉、筍を使う代わりに甘くて美味しいキャベツを加えています。
骨付き肉を煮込むと美味しい出し汁が出ますので、ご家庭で作る場合ですと鶏ガラスープの素など入れなくても十分かと思います。「少し旨味が足りないな」と感じてスープの素を入れてしまうと、そのスープの素の味になってしまうからです。素材の香りや旨味が消えてしまうと思います。
当店は和食専門ですので、鰹と昆布の出し汁を引いて使用します。中華に日本料理の出し汁(?)と思われるかもしれませんが、日本人に馴染みやすい味になります。ご家庭で引いた出し汁がもし余っていれば、是非お試しになってみて下さい。

本日の夕食は以下のような感じです

  • 突き出し: 飯蛸旨煮
  • 造り: 鮪、虎魚、烏賊のお造り
  • 酢の物: 帆立と分葱の沼田和え
  • 揚げ物: 天婦羅
  • 煮物: 鶏手羽先と厚揚げのピリ辛煮込み
  • 汁物: とろろ昆布と若布、菜の花の清汁
  • 香の物: 白菜キムチ
  • 果物: 林檎