鯛のあら炊き

鱗楼では鳴門の天然鯛を生きたまま仕入れ、三枚におろして刺身等に調理しておりますが、その際出て来るのが鯛のあら。今日はあら炊きにして、ご宿泊のお客様への夕食にお出ししました。
通常のあら炊きですと、煮汁の色が濃くて甘辛い味付けだと思います。当店では鯛の持ち味を生かし、淡い味付けになるよう炊いています。徳島ではこういう風に炊くご家庭もあるかと思います。
魚の頭やカマの部分はとても美味しいのですが、数が少ないのでどうしても毎日お出しする事が出来ないのが辛いところです。今日のお客様は熱燗を沢山お召し上がりになられました。お酒がすすみますね!