鯖の塩焼き

先日のお弁当にも入れた、高知県沖で獲れた鯖。市場に行っても少ししか出ていない上にすぐ無くなってしまいます。この鯖、脂が乗って大変美味しいです。三枚おろしにして塩を振り、中骨を抜いて塩焼きにしています。付け合わせの白くて四角いのは「霰蕪」です。蕪の甘酢漬けと言うと「菊花蕪」が思い浮かびますが、格子に切り込みを入れずにアラレに切った蕪を塩漬けにしてから甘酢に漬けています。あとは烏賊をオリーブ油で軽く炒めたものです。
今日ご宿泊のお客様の焼き物にお出ししました。お食事をお召し上がりになられた後「このお店は料亭か何かですか?」と尋ねられました。話を聞くと「お遍路4日目にしてやっとまともな食事にありつけた」とおっしゃっていました。気持ち良い位何も残さず完食されていて、空になって下がった器達を見ると、とても嬉しくなりました。