秘伝豆旨出しジュレ掛け

今日は夏向けの突き出しです。
水で戻した秘伝豆を戻し汁で湯がいたものに、八方出しより少し薄めのジュレを掛けました。調味した出し汁に漬けて味を染み込ませてしまうと、豆の持つ香りや甘味が少し消えてしまう気がするので、こういう調理法が良いかなと考えます。
枝豆に似ていますが、秘伝豆は噛んだときの食感や甘味の強さが違いますね。ハマる人はハマるのではないかと思います。