寒いですね・・徳島も数日間は最低気温がマイナスになるそうです・・風邪を引きやすい時期なので、気を引き締めて体調を崩さないようにしなければ!と強く思います。
今日は、当旅館をご利用のお客様向けのご夕食の写真をご紹介します。献立については、毎日の仕入れによって決まりますので、基本的に日替わりになっております。
具体的には

  • 刺身
  • 酢の物
  • 炊き合わせ、もしくは焼き物
  • 油物
  • 汁物
  • 香の物、御飯
  • デザート

といった感じになります。汁も頂けるような鍋物の場合、炊き合わせと汁物の代わりになったりもしますし、先付がつく場合もございますので、特に品数が決まっている訳ではございません。

それでは本日の夕食です。

お刺身は鬼虎魚(おにおこぜ)の薄造りです。おこぜは「冬のふぐ、夏のおこぜ」と言われる高級魚で、裏旬にあたる冬は脂が乗り、身が締まっています。唐揚げも美味しいのですが、今日は活おこぜを薄造りにしました。ご要望がございましたら、骨じっくりと揚げて骨煎餅にしたり、味噌汁をお作り致します。

オコゼ薄造り

酢の物は脂の乗った寒鰆のタタキです。鰆の皮目を炙り、香味野菜や大根おろしと共に盛り付け、甘さ控えめの自家製ポン酢をかけています。

鰆のタタキ

揚げ物は天ぷらです。海老、穴子、魚のすり身を紫蘇で挟んだもの、蓮根、南瓜、牛蒡、青唐を天出しで。

天ぷら

焼き物は阿波牛の陶板焼です。お客様の目の前で蒸し焼きにして、白味噌ベースの特製つれダレでお召し上がり頂きます。今は寒い時期ですので、コンロを使った鍋物やおでん、陶板焼等をお出しする事が多いです。

阿波牛陶板焼

汁物は煮麺であっさりと。お好みで原了郭の黒七味をかけて頂きます。

煮麺

香の物は甘さ控えめに作った柚子大根です。冬に甘味が増して美味しくなる大根を使った、今の季節ならではの漬け物です。箸休めにもピッタリです。

柚子大根

デザートは青森産の林檎界の王様「サンふじ」です。甘味と酸味のバランスが良いので個人的に好きな品種の1つです。ちなみにデザートは果物、もしくは和菓子や洋菓子を作ってお出ししています。

林檎