キャベツの豆乳豚汁

今夏は高知県四万十市で41度を記録して、徳島でも連日のように高温注意報が発令され、毎夜続く熱帯夜にうんざりしていましたが、3日程雨が続いて急に涼しくなり、昨日は肌寒く感じる程でした。お遍路でお参りされているお客様もカッパは着用するものの雨に濡れて風邪を引いたりされるかと思い、体の芯から温まるものをと夕食にキャベツの豚汁を作りました。
大根や人参等の根野菜を使った普通の豚汁にしようかとも考えましたが、キャベツが沢山ありましたので、キャベツを使う事にしました。下処理した蒟蒻と手でちぎったキャベツ、豚バラ肉を出し汁に入れて火を通し、味噌を溶き入れて少し濃いめにしてから、仕上げに出し汁の約半量の豆乳を加えて一煮立ちさせました。豆乳を加えるとまろやかになります。椀に盛り付け、原了郭の黒七味を振ってお出ししました。うどんにも良く合いますが、この日は料理を沢山作って普段よりもボリュームがあったので入れませんでした。

この日の夕食は、お刺身が鱧の湯引きと茹で蛸。もう1皿は烏賊の細造り。酢の物はさしみこんにゃく2種を酢味噌で。炊き合わせは鳴門の新蓮根を使った蓮根饅頭。焼き物は鰆の塩焼き、甘長唐辛子の焼き浸し。油物は太刀魚の難波揚げと海老や野菜。汁物はキャベツの豆乳豚汁。果物は幸水梨でした。

八十八カ所参りをされているお客様で当旅館をご利用になるのが3度目の方もお見えになり、料理が楽しみとおっしゃって、とても嬉しく思いました。