そば米雑炊

徳島県の郷土料理「そば米雑炊」です。県西部の山に囲まれた稲作に適さない地域での主食のひとつが蕎麦だったようです。蕎麦の実を湯がいて皮をむき、乾燥させた「そば米」を、野菜や鶏肉等を入れた出し汁に加えたものが「そば米雑炊」です。
通常はお正月やお祝い事の際に作る料理らしいのですが、徳島県人は普段から食べてます。そば米のプチプチとした食感や具材の旨味をたっぷり含んだ出し汁・・昔の人には御馳走だったに違いありません。
当店のそば米雑炊は、鰹と昆布の出し汁に大根、人参、蒟蒻、椎茸、竹輪、鶏肉を加えたものです。仕上げに下ゆでしたそば米を加えて三つ葉を乗せるのですが、今日は青葱を天に盛りつけています。

4月中旬までは毎年、ご近所の会社の新人研修で沢山の若いお客様が連泊されます。和食以外のメニューも取り入れつつ、日々の朝食と夕食の献立を考えるのも楽しいです。