和気藹々

鱗楼では、1年程前から料理教室をしております。
最初は出し汁の引き方から始まり、和食の定番を中心に時々イタリア、フランス、中国料理も献立に入れています。
ちょっとしたプロの技やコツを織り交ぜながら、意外と今まで知らなくて目から鱗!の基本的な手順であったり、少しの手間で今まで作っていた料理が更に美味しく作れるようになって頂ければ幸いです。
1クラスが4〜8名様で、料理の内容にもよりますが、部分的に調理に参加頂いて、その場でお召し上がり頂くという流れになっています。

今日のクラスは15回目!生徒さんから「おせち料理で使えるものを」というリクエストがありましたので、高野豆腐と南瓜を炊いたもの、鰆の柚庵焼きを献立に加えました。あとはお弁当にも使えるスタンダードな酢豚。
ご飯ものは加薬御飯、デザートでは、お菓子作りをしていると余りがちな卵白を使用した、メレンゲパンケーキを作りました。

加薬御飯

加薬御飯は入れる具材によってバリエーションが広がりますね。今回の具材は鶏もも肉、牛蒡、人参、椎茸、蒟蒻、薄揚げ、彩りに絹さやを入れています。
薄揚げを他の材料と同じように短冊に切る方法もありますが、日本料理のご飯ものでは油抜きした薄揚げを米粒のように細かく切って加える事があります。例えば生姜ご飯、しめじ(きのこ)ご飯のように、具が1種類だと頼りないけれど、鶏肉のような動物性のものを入れてしまうと負けてしまう・・といった時に、細かく切った薄揚げを加えて炊くと主張しすぎずコクが出て美味しくなります。

料理教室にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さいね。