久々の更新となります・・(2年振り(汗))。

セローム、ういきょう、ひまわり

6月に入った事もあり、今日はお気に入りのビードロ花器を使いました。
セロームが大きく、ガラスの花器だと滑るので、ういきょうの茎を折り曲げて花器の中に入れて花留めにしました。セロームの葉をホッチキスでとめて丸を作り、花器の丸い形とリンクさせています。ひまわりとウイキョウはマッスにして入れました。ガラスで中が見えてしまうので、なるだけ短く切って水を見せるようにしています。

ところで、新宿髙島屋で開催されている「創流90周年記念 草月いけばな展 造形(いけ)る!変化(いけ)る!」において、先生の作品が大賞を受賞しました。素晴らしい!
http://www.sogetsu.or.jp/akane/hanataba/2016/9690.html
(ページ下の方に写真が載っています)
雑木を組み合わせて手漉き和紙に通して乾燥させた素材・・アイデアが素晴らしく、初めて見たときは感動しました。また、床面を使わず作品を宙に浮かせているのも素敵です。

水を魅せて

そして、季刊誌にも先生の作品が掲載されていました。
「水を魅せて」というテーマなのですが、他の方はガラスの花器を使って花器の中の水を魅せている中、先生だけが違った視点で、水滴を魅せる作品になっており、一際目を引きます。
先生は凄いなあといつも思います・・先生の教室でお稽古していて良かった。